2021年振り返り

@tetsuzawaです。

論文締め切り前ですがTLに触発されてしまったので適当に振り返ります。

読みやすさは気にせず書きます。


趣味

今年は趣味を探し歩いた一年でした。

昨年の今頃に就職先が確定したこともあり、エンジニアリングの他に人生の柱を見つけたいと思ったからです。

カメラを買ったり、ドライブついでに温泉めぐりをしたり、ボルダリングを始めたり、スノーボードの新しい板を買ってみたり。

ドハマリするものは見つけられませんでしたが、これらを通して多くの人と遊ぶ機会を得ることができました。

休日だけでもいつもとちょっと違うことをしてみるのは大事だなあと思います。

特に内定先の方々は人間的に面白い人ばかりで、高専という閉じた社会で人生の1/3以上を過ごしてきた自分にとってはとても刺激的でした。

自分も尊敬している人たちに面白いと思ってもらえたらいいなと思いますが、自己評価はまだまだです。2022年はぶっ飛んだ人間になることを目指します。


仕事

さて、エンジニア面はどうかというと、3月からは内定者アルバイトをはじめました。

受け入れてくれたチームではとても自由に動かせていただいて、それなりにバリューも出せたと思います。

業務でパフォーマンスチューニングをしてインスタンス台数を半分カットしたり、複数システムをまたぐ新規機能開発の一部をまるっと任せてもらえたのは大きな自信になりました。

自分はある程度放置されたほうが活きることがわかったのもいい経験です。

仕事については別でまとめたいなあと思いつつまだできてません。そのうちやります。


私生活

一番大きな出来事は父が亡くなったことです。

最期の方は在宅介護をしながら看取りまでしました。

生前はちょっとした旅行をしたり、趣味の釣りに付き合ったりしていて、それなりにいい時間は過ごせたのではないかと思います。

ただ、独立してからしようと思っていた親孝行ができなかったのは頭に残っています。

悔いがあるわけじゃありませんが、その時できることはその時やるほうがいいなと感じました。

あとは、3回車のトラブルに見舞われました。

2回はスリップ、1回はドライブシャフトが折れる故障です。運転が荒いのでしょうか。

冬道は危ないので慎重に運転しましょう。まじで。


学校

仕事と遊ぶことに力を入れていたのであまり重視はしていませんでした。

それでも今までのジタバタが身を結んだのか、国際学会でポスター賞を受賞したり、人工衛星の運用に携わってJAXAのロケット打ち上げ配信で名前が流れたりしました。

新聞取材も何度かしていただきました。

あとは論文だけ。


来年について

この1年は色々新しいことを試してきましたが、就活をしていた頃のひりつきのようなものを感じることができていませんでした。

要因はいくつかあるのでしょうが、身の回りの環境自体を大きく変えることができなかったが一番大きいと思います。

そこで、来年からは(というかもう始めてますが)エンジニアとしてのレベル上げに勤しんでみようかと思っています。

自分はエンジニアコミュニティにはほぼ属していないし、知名度もありません。

今年の目立ったコントリビューションは これくらいです。

これからはOSSも意識的にやっていきます。

英語についても勉強を再開します。

もともと英語は話せるようになりたくて、6000~7000語程度の語彙力になるまで勉強してました。

ただ3年前の話なので使わないうちに忘れてます。

また、この語彙は意識して思い出せばわかるレベルのものなので、日常会話では使えません。瞬発力が全く無いからです。

最近やっと50語くらいは自分の言葉として使えるようになってきたかなと実感しています。

来年は自分の言葉を話してコミュニケーションに困らないようにしたいです。

英語についてはまた別で書こうと思います。

書き飽きてしまったのでこの辺で切り上げます。

来年も気合🔥。

良いお年を。

Takizawa Tetsu
Takizawa Tetsu

都内でソフトウェアエンジニアをしてます。