育ててるサボテン

hugo/academicを試してみた

前々から技術ブログを作りたいと思っていたのでhugoで作って見ました。

themeはどうしようか迷ったんですが、とりあえずランキングで1位になっていたacademicを使っています。

テストがてらMarkdownの基本文法を試してみます。

#見出し1

##見出し2

###見出し3

####見出し4

#####見出し5

強調打ち消し

折りたたみ

Goのやつです。

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Println("Hello, 世界")
}



```go:hello_world/main.go

package main

import “fmt”

func main() { fmt.Println(“Hello, 世界”) }

```

こうすると次のようになります。

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Println("Hello, 世界")
}

codeブロックはQiitaみたいにファイル名を表示させられないみたいです。

hugoのacademicはsyntax highlightのテーマを変えられたり、カスタマイズ性が高いのでおもしろいです。

これから気になったことを書いていきます。

Takizawa Tetsu
Takizawa Tetsu

音のVRの研究をしながらWebの技術を勉強しています。